中野島ロボット

小さなロボットの自作記事を書いています。

☆週刊中ロボ 09 USBオシロスコープを作ろう その1

はじめに USB 1000円オシロスコープを作ってみました。

画像

以前から気になっていた Arduino を使った、簡単なUSBオシロスコープを作る記事が出ており、自分でも作ってみました。

参考にしたページ 九州工業大学さんのArduino 簡易オシロスコープ

 http://www.iizuka.kyutech.ac.jp/faculty/physicalcomputing/pc_kitscope

ファブラブ関内さんの会員向けのページ「1000円で作れる簡易オシロスコープを作って使ってみよう」

 http://fablab-kannai.org/archives/2212

用意するもの

 基盤またはブレッドボード ×1  40円

 Arduino Nano ×1 350円

 抵抗 1KΩ ×3 3円

 抵抗 100KΩ ×1 1円

 コンデンサ 1μF 20円

 配線 少々

-----------------------------

ここまでで 400円ちょっと

開発環境

 PC Windows10

 Arduino IDE 1.8.5 Windows10 ストア版

 Processing processing-3.3.7-windows32.zip

コンデンサと100KΩは、トリガ更新周期 0.1秒を作るためのもののようです。

無くても動くはず。

抵抗は保護用なので、Arduino等のブレッドボード上で5V以内で使うなら必要ありません。

つまり、外付け部品は無しでOKのはず。

画像

で動きました。

画像

とりあえず動作したので、落ち着いてちゃんと作ってみます。

では作り方です。

手持ちに100KΩが無かったので、10KΩと10μFのコンデンサで同じ時定数としました。

画像

1. 九州工業大学の簡易オシロスコープの簡易オシロスコープから必要なファイルをダウンロードしてきます。

画像

2. 画像を押すとダウンロード画面がでてくるのでダウンロードします。

3. 適当なフォルダに保存し展開します。

4. Arduino Nano にスケッチを書き込みます。

Arduinoのスケッチは展開したフォルダの kit_scope.ino です。

 \kit_scope_20160320\kit_scope_20160320\Arduino\kit_scope

これをArduino IDEから書き込みます。

画像

5. プロセシングを起動します。

プロセッシングは展開したフォルダの

\kit_scope_20160320\kit_scope_20160320\Processing\kit_scope\kit_scope.pde

を起動します。

画像

6. 実行ボタンを押すと起動します。

画像

7. 動作確認

校正用の矩形波がD3に出ているので、それをA1,A2に接続して観測します。

画像

8. 詳しい使い方

触っていればなんとなくわかりますが、詳しい使い方は九州工業大学さんのホームページに載っています。

FFTの機能とかもあるので、いろいろ実験して使い方をマスターしましょう。

 

まとめ

ではソースコードの解説です。

 ・・・・ 思ったより多いです。

 断念・・・・

 

おわりに

と言うわけでこれだけで、あこがれのオシロスコープが手に入ります。 ケースに入れたり端子を付けたり、液晶に表示させたりした方が良いと思うのでその辺は、後日実施します。

Processingは初出だと思いますので、インストールしていない人向けに次回に少し解説します。 購入品情報 使うにはやっぱり、テストクリップが要りますね。