中野島ロボット

小さなロボットの自作記事を書いています。

週刊中ロボ65 突然ですが「ミネルバ2」を作ります

はじめに 

せっかく今3Dプリンタに彩色に向くPLAが付いているので、「はやぶさ」つながりで、突然ですが「ミネルバ2」のマスコットも作って見ます。

 

モデルを探す

MINERVAでThingiversで探してみたら、「ミネルバ」はありました。

www.thingiverse.com

これは、「はやぶさ」に搭載されたMINERVAで、内部構造も分かる1/1のスケールモデルが公開されています。「ミネルバ2」はまだ公開された3Dモデルはありません。(たぶん)

  

なければ作る 

なければ作って見ます。といってもどう見ても八角柱に毛がはえた程度なので、モデリングは直ぐにできると思います。(そういっていつも結構ハマるんですが)

 

仕様の確認

あまり詳しい資料はないのですが、JAXAの記者会見用資料のPDF資料がよさそうです。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/enjoy/material/press/Hayabusa2_Press20181213_verK_rev.pdf


MINERVA-II1

JAXAの資料によると、

f:id:nakarobo:20190716003022p:plain

分離機構も含めて「ミネルバ」なんですね。

f:id:nakarobo:20190715231827p:plain

なるほど、あれ!?なんか二台でちょっと違うぞ。

f:id:nakarobo:20190715231918p:plain

なるほど、直径は18cm高さ7cm、重量1100gの正26角柱とあります。

(直径f18のfってなんだろう? figureかな?)

1Aと1Bでは重さも違いますね。 

 

ちなみに、MINERVA1の愛称は「みみずく」と「ふくろう」だそうです。

1Aがみみずく (HIBOU)、1Bがふくろう(OWL)だそうです。

f:id:nakarobo:20190716003536p:plain

やっぱりミネルバ(知恵の女神で式神はふくろう)神話と関係があるんですね。

で、いつものように語呂合わせもあります。

f:id:nakarobo:20190716003633p:plain

結構この語呂合わせを考えるのも大変なんでしょうね。

ミネルバⅡ‐1A、2Bは、26面体なので、結構作るのが大変そうです。なんだか微妙に仕様も違うみたいです。

 

つづく